「エビデンスベースト」が日本の教育を変える〜中室牧子氏に聞く


 日本ではどの高校・大学に入っても年収は変わらない

——双生児の学力に関する様々な研究をされていますね。

「米国では枚挙にいとまがないほど先行研究があるのですが、これもある意味では実験と同じ発想です。一卵性双生児はDNAが一緒で、同じ家庭環境で育ちますよね。でもランダムな要因で別の学校に行くことがあるので、その結果に注目して研究をするんです」

——つまり対照実験に近いということですね。

「その通りです。例えば、バールマン&ローセンツウェイグの研究(*1)では、双子のうち、学校の規模が小さく、博士課程のプログラムを持っていて、シニアの教員に高い給与を払っている大学に行った人の方が、将来の賃金が高いという結果が出ました。一方、デイル&クルーガーの研究(*2)では、例えばハーバード大のようなあるエリート大学に受かったが行かなかった人と実際に入学した人を比べると、将来的な賃金は変わらないという結果になりました」

インタビュー風景

——いわゆる良い大学に行くと就職などにも有利で、年収が高くなる気がしますが。

「一般的にはそう思われているかもしれません。私たちが、アメリカの研究に倣って日本のデータを用いた研究を行いましたが、この結果はデイル&クルーガーの結果を支持しています。つまり、日本においても「どの大学に行くか」ということは将来の賃金に影響しないという結果になっています(*3)。それなら高校なら差が出るんじゃないかと思って段階を下げて私が研究しましたが、やはり結果に差はありませんでした(*4)。つまり、すごく偏差値の高い高校に行ってもそうでない高校に行っても、大学に行った時の偏差値や社会人になった時の賃金は変わらず、それらは高校に入学する以前の能力で決まっているということです」

——非常にインパクトのある研究結果だと思うのですが、なぜ知られていないのでしょうか。

「最大の理由は、論文を英語で書いているからかもしれません(笑)。現在、専門誌に投稿しているところなので、アクセプトされたら洗練させていきたいと思っています。でも、全く経済学を知らないお母さんたちでも、学校や塾での教育効果に疑問を持っている人はいますよね。例えば予備校が「東大○名合格」と書いているけど、もともと東大に行きそうな人が予備校に行っているだけじゃないの、とか。私の研究が本当に正しければ、その通りだということになります」

——高校や大学の教員から「もっと下の世代の教育がやりたい」という声をよく聞きますが、彼らの実感は正しいのかもしれませんね。

「もっと小さい時に学力を決める要因がある可能性は高いですね。1960年代にミシガンのベリースクールで、黒人の貧困家庭の3〜4歳の子どもたちに良い幼児教育を受けさせるという社会実験が行われました。40年間追跡したところ、この幼児教育を受けたグループはそうでないグループに比べて高校卒業率が高く、セカンドカーや持家の所有率が高く、麻薬などで逮捕された人が少なく、収入も高かったんです。ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンは、ペリースクールなどの成果を根拠にして5歳までの教育が非常に重要と主張しており、これはこの分野の研究でコンセンサスになりつつあります」

(次のページは 家庭環境と遺伝以外の部分で何ができるか


*1:Behrman, J, R., Rosenzweig, M. R. & Taubman, P. (1996). College choice and wages: estimates using data on female twins. The Review of Economics and Statistics, 78(4), 672-685.
*2:Dale, S. B. & Krueger, A. B. (2002). Estimating the payoff to attending a more selective college: an application of selection on observables and unobservables. The Quarterly Journal of Economics, 117(4), 1491-1527.
*3:Makiko Nakamuro & Tomohiko Inui (2013). The Returns to College Quality in Japan: Does Your College Choice Affect Your Earnings?
URL: http://www.esri.go.jp/en/archive/e_dis/abstract/e_dis306-e.html
*4:Makiko Nakamuro, Takashi Oshio & Tomohiko Inui (2013). Impact of School Quality on Student Achievements: Evidence from a Twin Survey in Japan.
URL: http://www.esri.go.jp/en/archive/e_dis/abstract/e_dis304-e.html

 




YOU MAY LIKE